徒然なるままに~ ミドリフグ飼育日記付けてみました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜名湖の採集記事第2弾です。

前回は獲れた魚中心の記録。
今回は持って帰ってしまった魚中心。

でもおかげ様で、その失敗もかなり多く・・・。
反省でした・・・。

そんなこと・・・
まぁ、ぼちぼちと書いてきます。
前回同様一つずつ書いていきます。
魚種がそこそこあるうえに写真も大きめで載せてくので、前回よりも長い記事になります。
ご容赦を・・・。m(_ _)m

-ちょっと余談
ブログ書いてると時々文章の問題にぶつかります。
今回の場合、”一つずつ”と”一つづつ”どっち使おうか悩みますよね。
どうも歴史的には”づつ”らしいですけど、”ずつ”を使うのが正しいらしいんです。
はー、日本語って難しい・・・。
-余談でした。

さて、嫌なことはさっさと済ませてしまうに限ります。
ってことで、大変だったとか失敗した等の問題のあった魚を先に書いてしまいます。

まずはこれ。
トゲチョウ
トゲチョウです。
採集家の方やチョウ飼育している方には有名な魚。
前回書いたハイレベルな魚です。
アサリと人工餌の混合の餌をあげていました。
元気でしたが、10日くらいで突然体調を崩してしまって、そのまますぐに・・・。
恐らく原因は極度のストレス。
難しいと思いこみ過ぎて手をかけ過ぎたのかと。
やっぱチョウに手を出すのは早すぎというかムリでした。
厳しいと分かってても落とすと凹みます。

さて、雰囲気暗いまま失敗談は続きます。。。
お次はこれ・・・。
アイゴ
アイゴの幼魚です。
これも持ち帰ってから正体が判明しましたが、背びれに毒ありの毒魚でした。
これからこいつはどうしよう?なるべく早くリリースだなとか思っていた矢先・・・。
水合わせ終了して水槽に放した直後・・・。(あー、本来ならトリートメントすべきだったようですが、現在の水槽には魚は丈夫なヒメハゼしかいないのでそのまま放しました。チョウ以外はですが。)
アシナガスジエビに食われました・・・。
毒あったんじゃなかったのかよ。。。と突っ込む余裕が、この時はまだありました。
( 一一)

失敗まだまだ・・・。(そろそろ書くのが辛くなってきた。)
これです。
クサフグ
超絶ミニマムサイズのクサフグ。小指の第一関節くらいのサイズ。幅はもっと小さいですが。
しばらく飼ってみて、その後リリースしようかと思ってましたが問題発生。
この子はフグ水槽にサテライト引っかけて入れてましたが、どうも抜け出したみたいで本水槽に合流したようです。
”ようです”って書いたのは(恐らく本水槽に入って食べられた為)突然どこにも姿が見えなくなったので。
もしかしたら別のとこに飛び出てしまったのかもしれません。(構造的に飛び出そうにないので本水槽に入ったのかもと判断。)
フグの毒はフグには効かないのです。(後は察してくださいね。)
ただし、あくまで想像の域を出ません。
分かってるのは、サテライトに入れてあったのが居なくなったこと。

こんな感じで沈んでたのもあったので(あくまで一因ですが)、ここのところ更新する気が起きなかったのです。
もしかしたら、このあたりはここまで詳しく書かなくても良いのかもしれませんが、今後のためにも書いておきました。
さて、最高度に暗いとこはここまで。

次も問題はありますが、まだ何とかなりそうか?厳しいけど。といった感じのもの。

これ・・・。
チョウハン
前回の写真にもわずかに載ってましたが、実はチョウはもう一匹いたのです。
チョウハンというらしいです。
チョウですから飼育が大変そうなのは相変わらずですが、今のところなんとかなってます。というか元気です。
いつ病気になるのか冷や冷やしっ放しですが。なるべくまったりとさせてます。
ストレス解消、癒し効果のあるはずのアクアリウムはここには存在してません。(汗
でも、やれるところまではやってみようかと。
本気で45から60cmへ水槽アップを考えてます。
予算と場所の都合を調整中・・・。

次はこれ。
ホンベラ
ホンベラです。
飼育自体は問題ないです。
さらに、餌も人工餌をしっかり食べてます。
問題は左エラに寄生虫の影あり。
本人は元気そうですし、最初に比べて薄くなってきてはいます。
淡水浴とかした方がいいんでしょうかね?
体が小さいので、耐えられるか心配なのです。
今度、いつものアクアショップで聞いてみる予定ではありますが。
アドバイスありましたら、よろしくお願いします。

次はこれ。
オハグロハギ
オハグロベラ。
特に問題はないのですが、なんとなくでかくなりそう。
小さいエビを時々狙ってる。(故にちびエビ隔離)
次回行けるときがあったらリリースしてきます。

ここからはようやく問題なく飼えそうな魚。

まずは2代目メギーさん。
アミメハギ
アミメハギです。
もともと緑色が強かったですが、気付いたら薄くなってました。

これも問題はないかと。
ナベカ
ナベカ。
安心して見れるうえに綺麗で、行動は中々面白く可愛い。
今回の少なすぎる当たりです。
そのうちナベカの記事でも書いてみるかもです。

そんな持ち帰った魚。大体2~3cmくらいの魚が殆どです。
ナベカとオハグロベラはもう少し大きいです。
持ち帰った魚
このバケツは爆弾でした。

それと、前記事のコメントでどうやったら大量に・・・ってコメントがありました。

私も少しは獲りましたが、あの魚の数は、ほぼ一緒に行った友人の一人の手柄です。
ハンター
全くハンターでした。
アクアはじめて1年未満の私と違いかなり長い期間やってます。
捕獲スキルが異常。
持ってったタモも田んぼで使うような小さなものですが、いったいこの成果は・・・。
本人曰く、長くやってるから。ということらしいです。
私はこれくらい長くやっても、ここまで凄くなることは無理だと思いますけどね。(笑
ずっとレクチャーしてもらってましたが、中々上手くいかないものです。

そういえば、オヤビッチャなんかもいましたが、捕獲ならずです。

↓そろそろバブルも登場です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
まぁ、ぼちぼちと書いてきます。
前回同様一つずつ書いていきます。
魚種がそこそこあるうえに写真も大きめで載せてくので、前回よりも長い記事になります。
ご容赦を・・・。m(_ _)m

-ちょっと余談
ブログ書いてると時々文章の問題にぶつかります。
今回の場合、”一つずつ”と”一つづつ”どっち使おうか悩みますよね。
どうも歴史的には”づつ”らしいですけど、”ずつ”を使うのが正しいらしいんです。
はー、日本語って難しい・・・。
-余談でした。

さて、嫌なことはさっさと済ませてしまうに限ります。
ってことで、大変だったとか失敗した等の問題のあった魚を先に書いてしまいます。

まずはこれ。
トゲチョウ
トゲチョウです。
採集家の方やチョウ飼育している方には有名な魚。
前回書いたハイレベルな魚です。
アサリと人工餌の混合の餌をあげていました。
元気でしたが、10日くらいで突然体調を崩してしまって、そのまますぐに・・・。
恐らく原因は極度のストレス。
難しいと思いこみ過ぎて手をかけ過ぎたのかと。
やっぱチョウに手を出すのは早すぎというかムリでした。
厳しいと分かってても落とすと凹みます。

さて、雰囲気暗いまま失敗談は続きます。。。
お次はこれ・・・。
アイゴ
アイゴの幼魚です。
これも持ち帰ってから正体が判明しましたが、背びれに毒ありの毒魚でした。
これからこいつはどうしよう?なるべく早くリリースだなとか思っていた矢先・・・。
水合わせ終了して水槽に放した直後・・・。(あー、本来ならトリートメントすべきだったようですが、現在の水槽には魚は丈夫なヒメハゼしかいないのでそのまま放しました。チョウ以外はですが。)
アシナガスジエビに食われました・・・。
毒あったんじゃなかったのかよ。。。と突っ込む余裕が、この時はまだありました。
( 一一)

失敗まだまだ・・・。(そろそろ書くのが辛くなってきた。)
これです。
クサフグ
超絶ミニマムサイズのクサフグ。小指の第一関節くらいのサイズ。幅はもっと小さいですが。
しばらく飼ってみて、その後リリースしようかと思ってましたが問題発生。
この子はフグ水槽にサテライト引っかけて入れてましたが、どうも抜け出したみたいで本水槽に合流したようです。
”ようです”って書いたのは(恐らく本水槽に入って食べられた為)突然どこにも姿が見えなくなったので。
もしかしたら別のとこに飛び出てしまったのかもしれません。(構造的に飛び出そうにないので本水槽に入ったのかもと判断。)
フグの毒はフグには効かないのです。(後は察してくださいね。)
ただし、あくまで想像の域を出ません。
分かってるのは、サテライトに入れてあったのが居なくなったこと。

こんな感じで沈んでたのもあったので(あくまで一因ですが)、ここのところ更新する気が起きなかったのです。
もしかしたら、このあたりはここまで詳しく書かなくても良いのかもしれませんが、今後のためにも書いておきました。
さて、最高度に暗いとこはここまで。

次も問題はありますが、まだ何とかなりそうか?厳しいけど。といった感じのもの。

これ・・・。
チョウハン
前回の写真にもわずかに載ってましたが、実はチョウはもう一匹いたのです。
チョウハンというらしいです。
チョウですから飼育が大変そうなのは相変わらずですが、今のところなんとかなってます。というか元気です。
いつ病気になるのか冷や冷やしっ放しですが。なるべくまったりとさせてます。
ストレス解消、癒し効果のあるはずのアクアリウムはここには存在してません。(汗
でも、やれるところまではやってみようかと。
本気で45から60cmへ水槽アップを考えてます。
予算と場所の都合を調整中・・・。

次はこれ。
ホンベラ
ホンベラです。
飼育自体は問題ないです。
さらに、餌も人工餌をしっかり食べてます。
問題は左エラに寄生虫の影あり。
本人は元気そうですし、最初に比べて薄くなってきてはいます。
淡水浴とかした方がいいんでしょうかね?
体が小さいので、耐えられるか心配なのです。
今度、いつものアクアショップで聞いてみる予定ではありますが。
アドバイスありましたら、よろしくお願いします。

次はこれ。
オハグロハギ
オハグロベラ。
特に問題はないのですが、なんとなくでかくなりそう。
小さいエビを時々狙ってる。(故にちびエビ隔離)
次回行けるときがあったらリリースしてきます。

ここからはようやく問題なく飼えそうな魚。

まずは2代目メギーさん。
アミメハギ
アミメハギです。
もともと緑色が強かったですが、気付いたら薄くなってました。

これも問題はないかと。
ナベカ
ナベカ。
安心して見れるうえに綺麗で、行動は中々面白く可愛い。
今回の少なすぎる当たりです。
そのうちナベカの記事でも書いてみるかもです。

そんな持ち帰った魚。大体2~3cmくらいの魚が殆どです。
ナベカとオハグロベラはもう少し大きいです。
持ち帰った魚
このバケツは爆弾でした。

それと、前記事のコメントでどうやったら大量に・・・ってコメントがありました。

私も少しは獲りましたが、あの魚の数は、ほぼ一緒に行った友人の一人の手柄です。
ハンター
全くハンターでした。
アクアはじめて1年未満の私と違いかなり長い期間やってます。
捕獲スキルが異常。
持ってったタモも田んぼで使うような小さなものですが、いったいこの成果は・・・。
本人曰く、長くやってるから。ということらしいです。
私はこれくらい長くやっても、ここまで凄くなることは無理だと思いますけどね。(笑
ずっとレクチャーしてもらってましたが、中々上手くいかないものです。

そういえば、オヤビッチャなんかもいましたが、捕獲ならずです。

↓そろそろバブルも登場です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2010/09/05 18:05】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(6) 展開▼


白いヒトデ
色んな種類のお魚さんを持ち帰ったんですね。
トゲチョウさん、10日間生きてたってことは十分餌付いていたんでしょうから残念でしたね。普通は白点病でそんなに持たないでしょうから立派だと思います。ストレスってことで思い出しましたが、飼育を透明な容器で行うと飼育者はよく見えていいのですが、逆に魚は見られていていつもビクビクするようです。比較実験した訳ではないのですが。バケツだと安心するのがよく分かります。+隠れ家だと更に。(^。^)
淡水浴は、幼魚の場合、2~3分ぐらいで様子をみながら伸ばしたりしてます。
チョウハン、大変でしょうけど安定するまで頑張ってください。
長くなってすみません。

チョウハン…
ikjd
なかなか数が少ないらしいですよ
トゲチョウさんはよく居るらしいですが、チョウハンさんはけっこうマイナー?な子らしいです^^
長期飼育は非常に大変だと思いますが、がんばって!

>白いヒトデさん
つれふぐ
種類が一気に増えました。
トゲチョウはホントに残念でした。
バケツの方がいいのですか・・・。
次回、薬浴等で必要になったらバケツにしてみます。
淡水浴の方も分かりました。
アドバイスありがとうございます!(^-^)
チョウハンも頑張ってみます。
長文大歓迎ですよ。(*^^)v

>ikjdさん
つれふぐ
チョウハンは少ないんですかー。
トゲチョウは綺麗だったんですけどね~。
飼育はできるだけ頑張ってみようかと思います。


たまーぼ
こんちは~
いろんなお魚さん持ち帰ったんですね~♪
うらやましいです(*^_^*)

トゲ、アイゴ、クサフグは残念でしたね(>_<)
まだまだ採集シーズンですし今回の事をいかして新メンバー追加してくだい(^o^)

チョウハンは順調に餌付け進んでそうですね~
餌付けですが、私も先輩方からの受け売りで、只今餌付け奮闘中です。アサリしか食わなくてもタラコしか食わなくてもハンバーグしか食わなくても、とりあえず食べるものがあるなら何でも与える。それに少しずつシュアーやメガバイト混ぜたりして、とりあえず体力をつけさせるのが一番かと(^^;)

偏った餌に癖つくと一定の物しか食べんくなるからアカンって方もおられますが、手間がかかっても、水が少しくらい汚れても、そのせいで水換え頻繁になって面倒くさくても☆になられるよりはましって感じで私は餌付け頑張っちょります(^^;;
今、餌付けの餌はアサリ・シュアー混ぜ、ハンバーグ・シュアー混ぜ、タラコ、乾燥ブライン、冷凍ブライン、冷凍コペ、クリルなどを与えてます。
餌を与える時、必ず何粒かシュアーも流してます。
まーこれは私の場合なので間違った餌付け方って言われるかもしれませんが、お互い餌付け頑張りましょうね(^o^)/

>たまーぼさん
つれふぐ
ちょっと先が思いやられる魚が多かったりしましたけどね。(>_<)

次回行けるときがあったら新たな魚の採集とか頑張ってみます。

チョウハンはいきなり人工餌を突っついた子なのでそんなに苦労はしなさそうです。
ホントに食べてるのかは分からなかったのでアサリと混ぜてあげてますけど。
だんだん慣れさせていくつもりです。

餌付けのアドバイス感謝します。
ありがとうございます!
餌付け頑張りましょう!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
色んな種類のお魚さんを持ち帰ったんですね。
トゲチョウさん、10日間生きてたってことは十分餌付いていたんでしょうから残念でしたね。普通は白点病でそんなに持たないでしょうから立派だと思います。ストレスってことで思い出しましたが、飼育を透明な容器で行うと飼育者はよく見えていいのですが、逆に魚は見られていていつもビクビクするようです。比較実験した訳ではないのですが。バケツだと安心するのがよく分かります。+隠れ家だと更に。(^。^)
淡水浴は、幼魚の場合、2~3分ぐらいで様子をみながら伸ばしたりしてます。
チョウハン、大変でしょうけど安定するまで頑張ってください。
長くなってすみません。
2010/09/05(Sun) 22:29 | URL  | 白いヒトデ #-[ 編集]
チョウハン…
なかなか数が少ないらしいですよ
トゲチョウさんはよく居るらしいですが、チョウハンさんはけっこうマイナー?な子らしいです^^
長期飼育は非常に大変だと思いますが、がんばって!
2010/09/07(Tue) 00:33 | URL  | ikjd #-[ 編集]
>白いヒトデさん
種類が一気に増えました。
トゲチョウはホントに残念でした。
バケツの方がいいのですか・・・。
次回、薬浴等で必要になったらバケツにしてみます。
淡水浴の方も分かりました。
アドバイスありがとうございます!(^-^)
チョウハンも頑張ってみます。
長文大歓迎ですよ。(*^^)v
2010/09/07(Tue) 02:20 | URL  | つれふぐ #-[ 編集]
>ikjdさん
チョウハンは少ないんですかー。
トゲチョウは綺麗だったんですけどね~。
飼育はできるだけ頑張ってみようかと思います。
2010/09/07(Tue) 02:21 | URL  | つれふぐ #-[ 編集]
こんちは~
いろんなお魚さん持ち帰ったんですね~♪
うらやましいです(*^_^*)

トゲ、アイゴ、クサフグは残念でしたね(>_<)
まだまだ採集シーズンですし今回の事をいかして新メンバー追加してくだい(^o^)

チョウハンは順調に餌付け進んでそうですね~
餌付けですが、私も先輩方からの受け売りで、只今餌付け奮闘中です。アサリしか食わなくてもタラコしか食わなくてもハンバーグしか食わなくても、とりあえず食べるものがあるなら何でも与える。それに少しずつシュアーやメガバイト混ぜたりして、とりあえず体力をつけさせるのが一番かと(^^;)

偏った餌に癖つくと一定の物しか食べんくなるからアカンって方もおられますが、手間がかかっても、水が少しくらい汚れても、そのせいで水換え頻繁になって面倒くさくても☆になられるよりはましって感じで私は餌付け頑張っちょります(^^;;
今、餌付けの餌はアサリ・シュアー混ぜ、ハンバーグ・シュアー混ぜ、タラコ、乾燥ブライン、冷凍ブライン、冷凍コペ、クリルなどを与えてます。
餌を与える時、必ず何粒かシュアーも流してます。
まーこれは私の場合なので間違った餌付け方って言われるかもしれませんが、お互い餌付け頑張りましょうね(^o^)/
2010/09/07(Tue) 17:07 | URL  | たまーぼ #-[ 編集]
>たまーぼさん
ちょっと先が思いやられる魚が多かったりしましたけどね。(>_<)

次回行けるときがあったら新たな魚の採集とか頑張ってみます。

チョウハンはいきなり人工餌を突っついた子なのでそんなに苦労はしなさそうです。
ホントに食べてるのかは分からなかったのでアサリと混ぜてあげてますけど。
だんだん慣れさせていくつもりです。

餌付けのアドバイス感謝します。
ありがとうございます!
餌付け頑張りましょう!
2010/09/08(Wed) 02:02 | URL  | つれふぐ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。