徒然なるままに~ ミドリフグ飼育日記付けてみました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかちょっと気取ったタイトルつけてみました。

でも、中身はいつもどおりなのでお気楽に読んでください。

では、早速・・・
我が家のヤドカリ水槽は数種類のヤドが居ますが、圧倒的多数で驚異的軍団なのがユビナガホンヤドカリです。
餌取りも貪欲で他の個体から奪おうとするのは当然のことのよう。

そんな彼らは個体ごとに色の濃さがかなり変化しているので見ていて面白いです。
それでは、我が家の水槽にいるユビナガ達の色彩を紹介します。

家の水槽で一番多いのがこれ。
黒色個体
黒色タイプ。

小さい個体は大体これです。

次は、前にも書いたこれ。
白色個体
白色タイプ。
1回の脱皮で少々色が付きました。

次は、これ。
普通色
中間の色

鋏アップ。
鋏拡大

今は薄くなりましたが、昔はもっと濃かったです。
以前はこんな黒かったです
1回の脱皮で薄くなりました。
(上の3枚は貝は別ですが同一個体です。)

白色タイプと中間の色で紹介したヤドは家のヤド水槽のどうしようもない暴れ者の2匹です。
両方♂で体もユビナガ軍団では飛び抜けて大きい2匹です。
冬の繁殖期にはメスをめぐって喧嘩し(メスもそれなりに居ますが、狙うのは大体1匹だけなので大ゲンカ)、普段は時々殻をめぐってラッピングしたりされたり。挙句の果てには出会うだけで喧嘩・・・。
他のヤドに対しても、自分も持ってるのに餌を横取りしようとするのは当たり前。
体の大きさかまわずに大きなスベさんにもかかっていく時は行きます。

そのかわり馴れるのは早く、手を近付けると他のヤドは大体引っ込むのですが彼らは寄ってきたりします。

個性ある2匹。でした。&話飛びました。(汗

上の、中間の色に似たこれも普通の色。
小さい普通色
これも見かける事の多い色のタイプですが、家の水槽では少ないです。

鋏は黒です。
爪部分は黒です

最後にもっとも好きな色。
???な子1
白に濃いバンド。
これは1匹だけしかいません。

気にいってるのでもう1枚。
???な子2
ホワイトバランスの関係で2枚目は明るくなっています。

・・・一応これが家にいるユビナガ達(と思っている)です。
って最後のユビナガだよな・・・?
大きい2匹も大鋏の大きさがここまで長いのを見たのは彼らが初めてです。

地味~なヤツばっかだったので口直しに派手派手なヤド。
手をゴシゴシ

我が家にはこれだけしかいませんが、まだ別の色を持つユビナガも居そうなので出来れば見てみたいです。

なが~くなりましたがこれで終わりです。
このブログ最長記事かも。

↓色彩豊かな彼らにポチ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
我が家のヤドカリ水槽は数種類のヤドが居ますが、圧倒的多数で驚異的軍団なのがユビナガホンヤドカリです。
餌取りも貪欲で他の個体から奪おうとするのは当然のことのよう。

そんな彼らは個体ごとに色の濃さがかなり変化しているので見ていて面白いです。
それでは、我が家の水槽にいるユビナガ達の色彩を紹介します。

家の水槽で一番多いのがこれ。
黒色個体
黒色タイプ。

小さい個体は大体これです。

次は、前にも書いたこれ。
白色個体
白色タイプ。
1回の脱皮で少々色が付きました。

次は、これ。
普通色
中間の色

鋏アップ。
鋏拡大

今は薄くなりましたが、昔はもっと濃かったです。
以前はこんな黒かったです
1回の脱皮で薄くなりました。
(上の3枚は貝は別ですが同一個体です。)

白色タイプと中間の色で紹介したヤドは家のヤド水槽のどうしようもない暴れ者の2匹です。
両方♂で体もユビナガ軍団では飛び抜けて大きい2匹です。
冬の繁殖期にはメスをめぐって喧嘩し(メスもそれなりに居ますが、狙うのは大体1匹だけなので大ゲンカ)、普段は時々殻をめぐってラッピングしたりされたり。挙句の果てには出会うだけで喧嘩・・・。
他のヤドに対しても、自分も持ってるのに餌を横取りしようとするのは当たり前。
体の大きさかまわずに大きなスベさんにもかかっていく時は行きます。

そのかわり馴れるのは早く、手を近付けると他のヤドは大体引っ込むのですが彼らは寄ってきたりします。

個性ある2匹。でした。&話飛びました。(汗

上の、中間の色に似たこれも普通の色。
小さい普通色
これも見かける事の多い色のタイプですが、家の水槽では少ないです。

鋏は黒です。
爪部分は黒です

最後にもっとも好きな色。
???な子1
白に濃いバンド。
これは1匹だけしかいません。

気にいってるのでもう1枚。
???な子2
ホワイトバランスの関係で2枚目は明るくなっています。

・・・一応これが家にいるユビナガ達(と思っている)です。
って最後のユビナガだよな・・・?
大きい2匹も大鋏の大きさがここまで長いのを見たのは彼らが初めてです。

地味~なヤツばっかだったので口直しに派手派手なヤド。
手をゴシゴシ

我が家にはこれだけしかいませんが、まだ別の色を持つユビナガも居そうなので出来れば見てみたいです。

なが~くなりましたがこれで終わりです。
このブログ最長記事かも。

↓色彩豊かな彼らにポチ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2010/03/07 03:35】 | ヤドカリ
トラックバック(0) | コメント(4) 展開▼

個性的!
おさかな
貝殻だけじゃなくって、
同種でも体色に随分個性があるんですねぇ。

スベスベさんもついに貝殻を取り上げてしまった様子ですし、
“オシャレなやつには適わない”ってヤツですねー。


たまーぼ
こんにちは~(*^-^)ノ
ユビナガさんはほんと個体差が激しいですよね~
色が抜けてしまったものや、赤みがかったもの、縞模様のハッキリしたもの・・・飼育下の光では色あせてしまうんですかね(^^;;
磯のヤドカリは自然下では太陽光をよく浴びているので自然下だと色あせてしまうとどこかのサイトで読みました。

前記事のスベスベさん・・・やらかしましたね(笑)
うちのスベスベも宿替え頻度が高くラッピングもよくしてます(^^;)

あと一番上の写真のトミガイと三番目の綺麗なイシダタミのユビナガさんが好きです(^o^)

>おさかなさん
ノケムー
ユビナガは体色の変化が凄いです。
同じ種類でここまで違うのもいいと思います。

スベスベさんはソフトクリームにあこがれていたようです。
ホントにオシャレな奴には敵いません。
でも。人の取らなくてもいいのに・・・。(-_-;)

>たまーぼさん
ノケムー
こんばんは。
色は褪せていきやすいのですか。
太陽光ですか。メタハラでも付ければいいのですかね~。
付けられませんが。(-_-;)

スベスベはオサレな種類なのかも・・。

トミガイは綺麗ですけど汚れが目立ちます。
3番目はイシダタミアマオブネと言うそうです。
どっちだよ!な貝です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
個性的!
貝殻だけじゃなくって、
同種でも体色に随分個性があるんですねぇ。

スベスベさんもついに貝殻を取り上げてしまった様子ですし、
“オシャレなやつには適わない”ってヤツですねー。
2010/03/07(Sun) 11:36 | URL  | おさかな #PyP2mKtM[ 編集]
こんにちは~(*^-^)ノ
ユビナガさんはほんと個体差が激しいですよね~
色が抜けてしまったものや、赤みがかったもの、縞模様のハッキリしたもの・・・飼育下の光では色あせてしまうんですかね(^^;;
磯のヤドカリは自然下では太陽光をよく浴びているので自然下だと色あせてしまうとどこかのサイトで読みました。

前記事のスベスベさん・・・やらかしましたね(笑)
うちのスベスベも宿替え頻度が高くラッピングもよくしてます(^^;)

あと一番上の写真のトミガイと三番目の綺麗なイシダタミのユビナガさんが好きです(^o^)
2010/03/07(Sun) 12:13 | URL  | たまーぼ #-[ 編集]
>おさかなさん
ユビナガは体色の変化が凄いです。
同じ種類でここまで違うのもいいと思います。

スベスベさんはソフトクリームにあこがれていたようです。
ホントにオシャレな奴には敵いません。
でも。人の取らなくてもいいのに・・・。(-_-;)
2010/03/07(Sun) 23:16 | URL  | ノケムー #-[ 編集]
>たまーぼさん
こんばんは。
色は褪せていきやすいのですか。
太陽光ですか。メタハラでも付ければいいのですかね~。
付けられませんが。(-_-;)

スベスベはオサレな種類なのかも・・。

トミガイは綺麗ですけど汚れが目立ちます。
3番目はイシダタミアマオブネと言うそうです。
どっちだよ!な貝です。
2010/03/07(Sun) 23:21 | URL  | ノケムー #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。