徒然なるままに~ ミドリフグ飼育日記付けてみました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

では、さっきの続きを・・・

しかし、冬の寒さは水換えのやる気をそぎますね・・・
では、底砂掃除からの続き

水を出したら、アクセサリー戻して用意していた新しい水を入れます。
(この入れ方、他の方のブログを見るとサイフォンの原理なんかを使ってちょろちょろ入れているようですが、ここではジャバジャバ入れてます。(汗
きっと良くないと思われるので、対策検討中です。ハイ)
水換え 新しい水

濃度を測っておきます。
水換え 最後の濃度
1.013と1.014の間です。まぁこれなら大丈夫。

水を入れた後、底砂掃除の時にでる白濁があるのでフィルターの水流最大にしておきます。
15分ほどすると白濁(取りきれなかったゴミが俟ってるだけ)が治まります。
水を入れると水温が26℃から24℃まで下がるので(きっと温めとけばいいんだろうけどまだもう1本ヒーター買ってないのでそれまではこのまま)しばらく、魚は入れないで温めておきます。
この間に、水換えで使った用具の内洗えるものは洗っときます。

25℃程になったら水合わせします。
水換え 水合わせ
この間に、水槽の周りのガラスを拭いたりしてます。
最近はついている塩の量が増えてきました。

水合わせをしっかり行った後は水槽に解放です。
水換え お疲れ
お疲れぃ

餌は水換えの後にあげてます。

↓水換え終了にポチお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2009/11/27 00:30】 | 飼育環境
トラックバック(0) | コメント(6) 展開▼

この時期は・・・
鈴菜
寒い時期は気が進みませんよね、水換え。
いざ始めてしまえば案外大したことないんですが、始めるまでが億劫で億劫でw

>鈴菜さん
ノケムー
本当に第一歩つらい時ありますね~。

寒さはニガテです。


おさかな
うちはサイフォンでポタポタやってます。

少しずつ水が入るので、フィルターの水流とヒーターを止めなければ、
新しい水を温めなくても水温は下がりませんよ。

ただ時間がかかるんですよね~(-_-)

なるほど!
アカハナ
他の方がどんな手順で行っているのか
気に成っていたので、この記事を
みた時、「やった♪」って喜んでしまいましたWw

今までは私も同じようにドバッってやってました!
でも、ノケムーさんはちゃんと水合わせまで
やってるんで凄いと思います♪

正直、この時期の換水は中々、億劫なんですよねぇ^^;

あ☆点滴意外と楽ですよ♪
点滴やってる間は、好きな事出来ますしWw


>おさかなさん
ノケムー
ん~やっぱりサイフォンでやる人は多そうですね。

少し考えたほうがいいのかも。

>アカハナさん
ノケムー
喜んでいただいて何よりです。
しかし、どっちかっていうと悪い方の例かも。。。

やっぱり、サイフォンのほうが水槽にはいい気がしますね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。