徒然なるままに~ ミドリフグ飼育日記付けてみました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少々事情がありまして、御○崎の磯に行ってきました。

時期が少し遅かったので死滅回遊魚はいませんでしたが、今回の狙いはそれでは無かったのでそれでよし。
ここでチョウを獲って飼っている人と少し話しましたが、時期にはそれなりに獲れるそうです。

で、行ったのは一週間以上前の土曜。(9月25日)
ネタが腐り始めてますよ。(汗

まぁ、そんなこと・・・
御○崎の磯はこんな感じのとこ。
大潮でもなく、台風通過後(前線が遠くに見えました)で波も高く、そんなに潮は引いてませんでした。
御○崎 磯 Ⅰ

人はそれなりに居ました。

近いところで撮影。
御○崎 磯 Ⅱ
潮だまりです。

前置きにも書きましたが、シーズンは過ぎてるようで地味な魚が多かったです。
今回は飼いやすい魚が必要だったので、それでよかったんですが。
来期にはまた来てみたいですね。

居たのはハゼ、シチセンスズメ、シマスズメ、キンポ、オニボラ、クサフグ、etc・・・。

で、自分用に持ち帰るつもりはあまり無かったんですが、結局少しだけ・・・。
アマオブネとヒザラガイ
コケ取り用のアマオブネ(奥)とカサガイ科の何か。

カサガイ科の何かはヤドの餌になってしまいました・・・。

それと、カエルウオ。
カエルウオ
この魚もコケ取りできます。

顔がこんなんだからカエルウオ。
カエルウオの顔
体長2~3cmのちみっこ。
隠れてて普段は出てきません。

で、ヤド。
イソヨコバサミ。
イソヨコバサミ
イソヨコは前から欲しかったんです。
他にもホンヤドとか居ましたが、持ってきたのはこの子だけ。
同じヨコバサミのホワイトブルーレッグにつけ狙われてます。(;一_一)

それと、友人が誰かから貰ってきたウメボシイソギンチャク。
ウメボシイソギン
一匹で増える生き物なので持ち帰るつもりはなかったけど、綺麗だから良いかと持ち帰り。
かなり強い生き物なので、コップでも飼えるとか何とか・・・。

知らないところで勝手に増えられても困るし、魚が襲われても困るので隔離BOX行き。

とりあえずこんなとこ。

オマケで御○崎の灯台。
御○崎灯台
こういう、青い夏の空(+雲)って好きです。

↓採集は今期ラストかも。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/10/05 19:53】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(4) 展開▼


白いヒトデ
カエルウオさん、ペコちゃん、ポコちゃんみたいでかわいいです。ヤドカリも沢山の種類がいるんですね。イソヨコさん、クリーム色の貝殻と青いヒゲ?が綺麗です。

>白いヒトデさん
つれふぐ
カエルウオの顔って独特で面白い顔してますよね。
ヤドカリの種類は結構ありますよ。
イソヨコは青い触覚がかなり綺麗です。
貝殻は・・・イソヨコ引っ越ししてしまって空き家になったので、今はこの貝にはホンヤドが入ってます。


めりころ
カエルウオ可愛いですね
イソギンチャク飼育頑張ってください

>めりころさん
つれふぐ
カエルウオの顔って可愛いですよね~。
ウメボシイソギンチャクはかなり丈夫な生き物のようなので、飼育も楽だろうと考えてます。
一日一回餌をあげてるだけです。

コメントを閉じる▲
浜名湖の採集記事第2弾です。

前回は獲れた魚中心の記録。
今回は持って帰ってしまった魚中心。

でもおかげ様で、その失敗もかなり多く・・・。
反省でした・・・。

そんなこと・・・
まぁ、ぼちぼちと書いてきます。
前回同様一つずつ書いていきます。
魚種がそこそこあるうえに写真も大きめで載せてくので、前回よりも長い記事になります。
ご容赦を・・・。m(_ _)m

-ちょっと余談
ブログ書いてると時々文章の問題にぶつかります。
今回の場合、”一つずつ”と”一つづつ”どっち使おうか悩みますよね。
どうも歴史的には”づつ”らしいですけど、”ずつ”を使うのが正しいらしいんです。
はー、日本語って難しい・・・。
-余談でした。

さて、嫌なことはさっさと済ませてしまうに限ります。
ってことで、大変だったとか失敗した等の問題のあった魚を先に書いてしまいます。

まずはこれ。
トゲチョウ
トゲチョウです。
採集家の方やチョウ飼育している方には有名な魚。
前回書いたハイレベルな魚です。
アサリと人工餌の混合の餌をあげていました。
元気でしたが、10日くらいで突然体調を崩してしまって、そのまますぐに・・・。
恐らく原因は極度のストレス。
難しいと思いこみ過ぎて手をかけ過ぎたのかと。
やっぱチョウに手を出すのは早すぎというかムリでした。
厳しいと分かってても落とすと凹みます。

さて、雰囲気暗いまま失敗談は続きます。。。
お次はこれ・・・。
アイゴ
アイゴの幼魚です。
これも持ち帰ってから正体が判明しましたが、背びれに毒ありの毒魚でした。
これからこいつはどうしよう?なるべく早くリリースだなとか思っていた矢先・・・。
水合わせ終了して水槽に放した直後・・・。(あー、本来ならトリートメントすべきだったようですが、現在の水槽には魚は丈夫なヒメハゼしかいないのでそのまま放しました。チョウ以外はですが。)
アシナガスジエビに食われました・・・。
毒あったんじゃなかったのかよ。。。と突っ込む余裕が、この時はまだありました。
( 一一)

失敗まだまだ・・・。(そろそろ書くのが辛くなってきた。)
これです。
クサフグ
超絶ミニマムサイズのクサフグ。小指の第一関節くらいのサイズ。幅はもっと小さいですが。
しばらく飼ってみて、その後リリースしようかと思ってましたが問題発生。
この子はフグ水槽にサテライト引っかけて入れてましたが、どうも抜け出したみたいで本水槽に合流したようです。
”ようです”って書いたのは(恐らく本水槽に入って食べられた為)突然どこにも姿が見えなくなったので。
もしかしたら別のとこに飛び出てしまったのかもしれません。(構造的に飛び出そうにないので本水槽に入ったのかもと判断。)
フグの毒はフグには効かないのです。(後は察してくださいね。)
ただし、あくまで想像の域を出ません。
分かってるのは、サテライトに入れてあったのが居なくなったこと。

こんな感じで沈んでたのもあったので(あくまで一因ですが)、ここのところ更新する気が起きなかったのです。
もしかしたら、このあたりはここまで詳しく書かなくても良いのかもしれませんが、今後のためにも書いておきました。
さて、最高度に暗いとこはここまで。

次も問題はありますが、まだ何とかなりそうか?厳しいけど。といった感じのもの。

これ・・・。
チョウハン
前回の写真にもわずかに載ってましたが、実はチョウはもう一匹いたのです。
チョウハンというらしいです。
チョウですから飼育が大変そうなのは相変わらずですが、今のところなんとかなってます。というか元気です。
いつ病気になるのか冷や冷やしっ放しですが。なるべくまったりとさせてます。
ストレス解消、癒し効果のあるはずのアクアリウムはここには存在してません。(汗
でも、やれるところまではやってみようかと。
本気で45から60cmへ水槽アップを考えてます。
予算と場所の都合を調整中・・・。

次はこれ。
ホンベラ
ホンベラです。
飼育自体は問題ないです。
さらに、餌も人工餌をしっかり食べてます。
問題は左エラに寄生虫の影あり。
本人は元気そうですし、最初に比べて薄くなってきてはいます。
淡水浴とかした方がいいんでしょうかね?
体が小さいので、耐えられるか心配なのです。
今度、いつものアクアショップで聞いてみる予定ではありますが。
アドバイスありましたら、よろしくお願いします。

次はこれ。
オハグロハギ
オハグロベラ。
特に問題はないのですが、なんとなくでかくなりそう。
小さいエビを時々狙ってる。(故にちびエビ隔離)
次回行けるときがあったらリリースしてきます。

ここからはようやく問題なく飼えそうな魚。

まずは2代目メギーさん。
アミメハギ
アミメハギです。
もともと緑色が強かったですが、気付いたら薄くなってました。

これも問題はないかと。
ナベカ
ナベカ。
安心して見れるうえに綺麗で、行動は中々面白く可愛い。
今回の少なすぎる当たりです。
そのうちナベカの記事でも書いてみるかもです。

そんな持ち帰った魚。大体2~3cmくらいの魚が殆どです。
ナベカとオハグロベラはもう少し大きいです。
持ち帰った魚
このバケツは爆弾でした。

それと、前記事のコメントでどうやったら大量に・・・ってコメントがありました。

私も少しは獲りましたが、あの魚の数は、ほぼ一緒に行った友人の一人の手柄です。
ハンター
全くハンターでした。
アクアはじめて1年未満の私と違いかなり長い期間やってます。
捕獲スキルが異常。
持ってったタモも田んぼで使うような小さなものですが、いったいこの成果は・・・。
本人曰く、長くやってるから。ということらしいです。
私はこれくらい長くやっても、ここまで凄くなることは無理だと思いますけどね。(笑
ずっとレクチャーしてもらってましたが、中々上手くいかないものです。

そういえば、オヤビッチャなんかもいましたが、捕獲ならずです。

↓そろそろバブルも登場です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2010/09/05 18:05】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(6) 展開▼


白いヒトデ
色んな種類のお魚さんを持ち帰ったんですね。
トゲチョウさん、10日間生きてたってことは十分餌付いていたんでしょうから残念でしたね。普通は白点病でそんなに持たないでしょうから立派だと思います。ストレスってことで思い出しましたが、飼育を透明な容器で行うと飼育者はよく見えていいのですが、逆に魚は見られていていつもビクビクするようです。比較実験した訳ではないのですが。バケツだと安心するのがよく分かります。+隠れ家だと更に。(^。^)
淡水浴は、幼魚の場合、2~3分ぐらいで様子をみながら伸ばしたりしてます。
チョウハン、大変でしょうけど安定するまで頑張ってください。
長くなってすみません。

チョウハン…
ikjd
なかなか数が少ないらしいですよ
トゲチョウさんはよく居るらしいですが、チョウハンさんはけっこうマイナー?な子らしいです^^
長期飼育は非常に大変だと思いますが、がんばって!

>白いヒトデさん
つれふぐ
種類が一気に増えました。
トゲチョウはホントに残念でした。
バケツの方がいいのですか・・・。
次回、薬浴等で必要になったらバケツにしてみます。
淡水浴の方も分かりました。
アドバイスありがとうございます!(^-^)
チョウハンも頑張ってみます。
長文大歓迎ですよ。(*^^)v

>ikjdさん
つれふぐ
チョウハンは少ないんですかー。
トゲチョウは綺麗だったんですけどね~。
飼育はできるだけ頑張ってみようかと思います。


たまーぼ
こんちは~
いろんなお魚さん持ち帰ったんですね~♪
うらやましいです(*^_^*)

トゲ、アイゴ、クサフグは残念でしたね(>_<)
まだまだ採集シーズンですし今回の事をいかして新メンバー追加してくだい(^o^)

チョウハンは順調に餌付け進んでそうですね~
餌付けですが、私も先輩方からの受け売りで、只今餌付け奮闘中です。アサリしか食わなくてもタラコしか食わなくてもハンバーグしか食わなくても、とりあえず食べるものがあるなら何でも与える。それに少しずつシュアーやメガバイト混ぜたりして、とりあえず体力をつけさせるのが一番かと(^^;)

偏った餌に癖つくと一定の物しか食べんくなるからアカンって方もおられますが、手間がかかっても、水が少しくらい汚れても、そのせいで水換え頻繁になって面倒くさくても☆になられるよりはましって感じで私は餌付け頑張っちょります(^^;;
今、餌付けの餌はアサリ・シュアー混ぜ、ハンバーグ・シュアー混ぜ、タラコ、乾燥ブライン、冷凍ブライン、冷凍コペ、クリルなどを与えてます。
餌を与える時、必ず何粒かシュアーも流してます。
まーこれは私の場合なので間違った餌付け方って言われるかもしれませんが、お互い餌付け頑張りましょうね(^o^)/

>たまーぼさん
つれふぐ
ちょっと先が思いやられる魚が多かったりしましたけどね。(>_<)

次回行けるときがあったら新たな魚の採集とか頑張ってみます。

チョウハンはいきなり人工餌を突っついた子なのでそんなに苦労はしなさそうです。
ホントに食べてるのかは分からなかったのでアサリと混ぜてあげてますけど。
だんだん慣れさせていくつもりです。

餌付けのアドバイス感謝します。
ありがとうございます!
餌付け頑張りましょう!

コメントを閉じる▲
以前に行ったのは6月。
その時も魚が色々いたには居ましたが、8月に入って更に多く居るとの話でしたので行ってみました。
めりころさんのブログを見てたら死滅回遊魚の採集が載ってたのもあります。

そんなことです。

では、採集結果などを・・・
・・・の最初にお知らせ。
実はアミーさんですが、かなり前に亡くなってしまったのです。(ToT)/~~~
原因は暑さと内臓系の疾患かなと思います。
アミメハギは暑さに強くないようで。
それと、白い液状の糞をよく出してたので内臓が良くなかったのもあると思います。
餌の問題か。クリルあたりが良くなかったかもしれないです。

暑さの対策に、エアレーションを出力が弱い日動のノンノイズH‐45から水作の水心SSPP-75に切り替えました。
それと昼間はライトの点灯をやめました。
効果のほどはビミョーです。
30℃を越えることは、とりあえず無くなりました。
外部濾過を使ってるので、酸素不足でろ過能力が落ちてるのもあったのかも、とのこともあります。

そんなわけで、アミメハギ再び!の意味もある採集です。
アミメハギってあまり売ってないから、基本的に採集しか入手の手段が無いんですよね。
採集も楽しいからいいんですけど。

お知らせ終了

---

採集場所は2か所。
最初は、海水浴場にもなっている砂浜。
ここは、あまり生き物はいないので少しだけ。

朝早くだったので、人が少なくて良かったです。

そんなとこで獲れた魚達の一部。

ハゼ。
ヒメハゼ
家の水槽にもいるヒメハゼと同じかな~?

それと、コトヒキ。
コトヒキ
事前に凶暴な魚だと聞いていたので、さっさとリリース。

そんなことで場所替え。

前回来たときは撮り忘れましたが、今回は忘れずに撮ってきましたよ。
こんなとこ。
場所2
浜名湖は基本どこも砂地です。
点々と海藻が生えていますね。

ここからはこういう景色が見えます。
場所
来たことのある方だったら、大体の場所の予想がつくかもしれません。

そんなとこで獲れた魚+αの一部。
獲れた魚+α
アミメハギが殆どですけど・・・。
もちろん持ち帰ったのはこの中の一部だけ。
この中のある魚が、調べてみたら私にとって技術的にも設備的にもとんでもなく飼育がハイレベルな魚でして、ここの所苦労しっぱなしだったんです。その事は次回です。
まぁ、これか~と分かる方もいると思いますが。

それでは居た魚の一部を少しづつ紹介です。

この辺はコブヨコバサミが大量に居ました。
巨大コブヨコ
サイズがかなり大きいものもかなりいました。
いずれはコブヨコもあんなになるのかも・・・。(怖
写真の子は頭に海藻の飾りつき。中々おちゃめなコブヨコバサミです。
その下の方にある肌色っぽい貝(ツメタガイ)の殻にもコブヨコバサミが入っています。

これはゴンズイ。
ゴンズイ
以前紹介した(今回も獲れました)ハオコゼより強い毒持ちの魚です。
綺麗ですけど、見かけたらご注意を・・・。
近くに、沢山のゴンズイがゴンズイ玉になって泳いでました。

それとメバル。
メバル
ヤドカリとか普通に食べてそうな魚ですね。
友人には、面白いし好きな魚だから是非飼ってみ?と言われました。
持ち帰りはしませんでしたけどね。

長くなったんで、今回はここまで。
上で少し触れましたが、更新滞りの理由の一つは次回になりました。

相変わらず写真がでかくて長い記事ですね・・・。(汗
そのせいで表示が遅くなってる方スイマセン。

↓時期的な事なのか、フグの登録ブログ増えましたね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2010/09/03 17:25】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(6) 展開▼


めりころ
どうすればこんなに大漁に…
いつか御教授ください
自分が行った時はゴンズイは見られなかったですねー
スズメダイはたくさんいましたが

ハイレベルなのは黒と黄色と白の魚でしょうか
自分には無理でした


白いヒトデ
アミーさん、残念でしたね。
何せ、今年の暑さは異常でしたから。まだ続いてますが。^^;
どんなお魚を持ち帰ったんでしょう。UPを楽しみにしています。(^。^)


たまーぼ
おはよーございます!
浜名湖は汽水域と海水域の生き物が沢山居て楽しそうですね~(^o^)

ってかどないしたらそんなにいっぱい魚採れるんですか!?Σ( ̄□ ̄)!
私も是非ご教授願いたいです(>_<)

いっぱいお魚さんが写ってる写真の真ん中らへんの白と黄色のお魚さんはもしや・・・
私は幾度となくそのお魚さんにチャレンジしましたがことごとく惨敗しました(汗)


アミーさんは残念でしたね・・・
今年の夏は異常に暑いしほんま水温管理が大変ですよね(´ヘ`;)
私は24時間部屋のクーラーつけっぱなしでどうにかしのいでます(^^;)

>めりころさん
つれふぐ
この魚の内訳のほとんどがアミメハギですからね・・・。
ふらふらしてて獲りやすい魚です。

でも。。。。
残りの捕獲が難しい魚のほとんどはある友人のおかげなのです。
詳しいことは次記事で書きます。

私が行ったときはスズメダイはあんまりいなかったですね・・・。
ソラスズメが欲しかったんですけど。

まさにその魚です。
めりころさんもダメでしたか・・・。
難しいですよね。

>白いヒトデさん
つれふぐ
アミーさんは残念でした・・・。
去年の涼しさと違って今年はホントに暑いですね。
生き物を飼育している人には大変な季節ですね。

>たまーぼさん
つれふぐ
こんにちはー。

浜名湖はその特殊な環境からいろんな生き物がいますね。
かなり楽しいです。

大量の魚はある友人のおかげです・・・。
全くハンターみたいな腕でした。(^^ゞ
私も教授してもらってました。(笑

白と黒と黄色の魚はまさしく予想通りの魚です。
難しいですね・・・。
たまーぼさんでもダメでしたか・・・。
なんだか、さらに心配になってきました。

アミーさん残念でした。
クーラーつけられないのでファンで頑張ってますが・・・。

コメントを閉じる▲
皆さん、お久しぶりです。
更新が滞っていても、時々見に来てくださっていた方がいらっしゃったようで感謝感激です。
ありがとうございます。

ここのところ色々考えてしまって(ブログの事とか魚飼育の事とか)、ブログが書けませんでした。

それでも、更新が滞ってる理由も知ってる友人に
はよ、書けや! ゴラァ!!《゜Д゜》
(2割誇張)
って励ましの言葉を貰ったので、書くとします。

2週間くらい前に海と浜名湖に行ってきたので、その事を書いてきます。
海と浜名湖に行ったのは別々の日です。

今回は海のこと・・・
今回の海は磯のようなところではなく砂浜。
他のところへ出かけてる最中に、なんとなく思い付きで立ち寄ってきました。

前にも一度この場所は載せてますね。
あのときは真冬の夕方でした。
今回は真夏の真昼。前の時とは正反対で暑い暑い。。。

遠目。
海1
友人撮影(携帯)

近め。
海2
第二世代iPhoneカメラ

何とも砂浜したところです。
時期にはアカウミガメの産卵があったりします。
で、その卵は集められて管理されて孵化させます。
私も子亀の放流(?)を経験したことがあります。

外海に面した砂浜なので採集するような生き物はあんまりいないですね。
テトラポットの間に少し居ますが。

でも、ここはいろんなものが流れ着くところ。
これが目的です。
貝殻拾い
貝!
とりあえずこんな感じで拾ってきました。

調べて分かっただけは種類を書いていきますが、似たようなものが多すぎてホントに当たってるのか自信はありません!

左上の大きい貝はナガカズラ。
ナガカズラ
これは結構嬉しいです。
コブヨコのサザエがコブヨコには小さくなってきたから。
そういう訳でこれはコブヨコ用。

他には・・・。
いっぱいある点々模様の貝はクリフレイシかな。
クリフレイシ
中々可愛い貝です。
流石に拾ったものなので欠けてしまってるのが多いです。
もちろんこれはヤド水槽のちびヤド用。

似たようなこの貝も上の貝と同じアクキガイ科の貝。(恐らく多分・・・)
レイシガイの何かじゃないかと思ってます。
アクキガイ科

右の方にある平たい巻貝はキサゴ系の貝。砂地の貝です。
キサゴ
浜名湖のヤドはたいていこの貝に入ってます。

他にも何か分からないもの数点。
???左上カゴメガイ
左上のはカゴメガイかな~?

それと平べったいモノ。
平べったいもの
骨かも?(^^ゞ

そんな感じです。

・・・
久しぶりの更新で無機質な貝殻かよ!と思われた方スイマセン・・・。
バブルの登場はもう少し先かもです・・・。
一応元気にはしてます。

次回は浜名湖編。
やっぱあそこは良いですね。
生き物がたくさんいました。
でも、記事的には暗くなる可能性大です・・・。
私の気持ちがちょっと落ち込んだので。(更新滞りの原因の一つだったりもします。)
だったら書かなきゃ良いじゃんよ!とも思いますが、これを書いておかないと後々ヤド水槽を取り上げられなくなるので書きます。

↓それでは次回・・・。orz
にほんブログ村 観賞魚ブログ ヤドカリへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2010/09/01 21:45】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(4) 展開▼


白いヒトデ
え?コブヨコさんってそんなに大きかったんですか。ビックリ。
気に入ってくれるといいですね。(^。^)


たまーぼ
おはよーございます!

何か気分が落ち込む事がいろいろあったんですかぁ!?
バブル君は元気とありましたが何だか心配です。

貝殻拾ってきはったんですね(^o^)
ナガカズラがいい感じです♪♪♪

>白いヒトデさん
つれふぐ
コブヨコはホントに大きくなりました。
でも、浜名湖にいたコブヨコバサミはもっと大きかったです。
コブヨコもいずれはあんなに・・・(怖

>たまーぼさん
つれふぐ
こんにちは!

半分無謀な飼育に挑戦して案の定失敗したり・・・。
ヤド水槽は中々大変です。。。

ナガカズラは綺麗ですよね。
これまでコブヨコはグレーのサザエばかりだったので、結構気に入ってます。
コブヨコが入ってくれるかはまだ分かんないですけど。

コメントを閉じる▲
では、ラストの浜名湖採集記事第4弾!
次回の記事で少し予告をしましたが、今回はひし形の生き物が主役です。

ヤド水槽は中層にいる生き物がいないので、ぱっと見さびしくみえるのを回避する目的もありまして入れました。

だいぶ前から探してましたが、いろんなサイトを見ると秋口がもっともいる確率が高いようです。

こんな子です・・・
タイトルにある通りひし形のフグ目の生き物です。

フグ目には、カワハギ類とハコフグ類とフグ類、後はハリセンボンとかマンボウとかギマとか・・・etc がありますが、今回はカワハギ科のこの魚。




アミーさん1
アミメハギです。
前回の記事の次回予告で分かりましたか?
ひし形の網目模様の魚です。

沢山居ましたが、4匹獲りました。
そのうちお迎えは2匹。
こっちは、褐色のアミーさん。(って命名です。そのまんまだけど・・・。

アミーさん2
サイズは5cmくらい。
自ら網に入ってきたお惚けさん。
人懐っこいのか、来た翌日には私の手をつついたりピンセットから食べたりしてくれます。
さらに、人工餌(ふぐ力)も昨日食べるようになりました。

2匹目は緑が綺麗な子。
メギーさん1
緑のメギーさん。

前回の拡大写真は彼の眼です。

メギーさん2
サイズは5.5cm位。
こっちの子は最初かなり警戒心がありました。
でも、2日後赤虫をあげた途端、心まで餌付けされました。(単純
今ではアミーさん以上に手を入れると激しくつついてきます。
でも、クリルや人工餌は口に入れますが吐き出してしまいます。
気難しいところがあるようです。

って、言ってると、向こうから本物のフグの催促の目線が漂ってくるので・・・。
催促
そろそろバブルの記事も書くとします。

やっぱアミメハギは人を見ると近寄ってくるまではいきませんね。
でも、目が良く動くとか比較的人懐っこいとか寝るとき体色が変わるとかでバブルに似てるとこも多いです。

↓ヤド水槽はヤド・ハギ水槽にクラスチェンジしました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ フグへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2010/06/17 09:33】 | 海&湖
トラックバック(0) | コメント(8) 展開▼


kitakitu
目がフグっぽいなぁと思ってましたが
浜名湖でギマやシマウミスズメはないだろうと・・・。
アミメハギさんでしたか(^^)
アマモ場に良くいる彼ですね♪



たまーぼ
こんばんは~
おぉォォ~~~!!!
アミメハギさんでしたかぁ~(^o^)
めちゃ可愛いですやん♪
あんまおっきならんみたいやしいいですね(*^_^*)
私も欲しいです(≧∀≦)

大漁ですね!
+++華+++
浜名湖産のカワイイ子たちがいっぱいですね。
汽水湖がそばにあるのってホント羨ましいです。

アミメハギさん・・・いいですねぇ~♪
私も遠征して北海道の汽水湖へ行きたくなりました。


>kitakituさん
つれふぐ
アミメハギでした~。(*^^)v
アマモ場に良く居るようです。
今回獲ったのは赤い海藻の群生してるとこですが。
アマモ場には行きませんでしたので。

それと、浜名湖でギマは有名なサカナだそうです。
釣りの対象魚です。
流石に磯弄りで獲れるものではありませんけど・・・。

>たまーぼさん
つれふぐ
こんばんは~。

アミメハギでした♪
仕草が可愛いです。(^-^)
最大でも8cmくらいにしかならないそうです。
やっぱフグですからヤドカリに手を出さないかだけは心配ですけど、今のとこそんな感じではないので大丈夫かと思います。
しばらく要注意観察です。

>+++華+++さん
つれふぐ
たくさん捕れました~。
浜名湖は面白いです。

アミメハギは探していただけあって獲れたときは嬉しかったです。


白いヒトデ
ハギさんたち、かわいいですね。
特に緑のメギーさん、色がきれいでおちょぼ口も超かわいいです。(^。^)
カワハギってフグの仲間なんですね。体型がまるっきり違うのに。あ、歯が似てますか。(^。^)

>白いヒトデさん
つれふぐ
緑のメギーさんの方が色が鮮やかで綺麗です。
性格は褐色のアミーさんの方がいいんです。
何気に役割分担されてます。


カワハギとフグ・・・良く見てみると似たようなところが沢山あります。
鱗が無いあたりとかもですね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。